« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

Guild66

人形劇ギルド見ましたよ

ストーリーは二十分間ぐらいでしたが

なんかすごい涙が出る作品でした

ギルドっていう曲の価値がさらに高まりました

ホントに僕はすごいと思います

こんな世界観、BGMもとっても良かったです

GUILD66とは?実際見てれば分かりますよ

オススメです、ぜひ見てみてください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Imagine

これが現代の音楽の原型なのかもしれない

ビートルズ、解散後もその存在感は圧倒的

そして現代の僕の耳にまで届いた

こんな素晴らしい曲が時を越えて

おそらくこの彼らの音は時が立つにつれ

進化し続け、誰かの人生にまで

影響するのかもしれない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

♪わしらが生まれてくる~

今、とんだサプライズがおきやがったぞ

LOVE LOVE LOVEにでとったぞお

ランキング1位がアポロだとは....................

予想どうりだ、しかもシークレットゲストで

ポルノグラフィティ出てきた

今日、ホント見ててよかった

| | コメント (1) | トラックバック (0)

涙のふるさと

なんかエアーズのCMがおもしろいなあ

って昨日ぐらいから思ってたの

そんでタイアップされてる曲がなんか聞き覚えのある声

んでさっき気づいたんだけどね

あれってBUMPじゃん、藤君の声じゃん

アルバム曲でしょうね、でも次のアルバムは

かなりのセールスを記録しそうですよ

曲名は、涙のふるさとです。

タイアップがまだまだ付きそうな予感...

でもシングルで11月15日発売

カタストロフィ/涙のふるさとって噂もある

でも5曲もあったらアルバムの曲が

シングルで埋め尽くされるんだよな。

せめてダブルフェイスじゃなくて

一曲でアルバム先行リリースって形がいいな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Long and Winding Road

どこか誰も知らないところに旅に出たい

海沿いを一人で歩く

そこの海はとっても透き通ってエメラルド

雲一つない空には飛び交うカモメの群れ

長い長い旅路の先ではたくさんの人々に出会い

大切な人もできるだろう

旅の終点が見えるのは死を迎えた時

年月が経つにつれ終わりを感じるだろう

旅はもう始まってるのかもしれない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名曲じゃよ

Winding Roadホントいいですね

ハネウマライダーの次がこの曲とは

ギャップもすごいですよ

HEY HEY HEY見ててホント涙でそうなりましたよ

今はひたすらラジオ音源を聞いてます 笑

アウトロやって欲しかったなあって思いました。

少し昭仁、声の調子が悪そうでしたね

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ギターなのね

ついに結構前なんですが

エレキギターを買ったんですよ、メーカーがYAMAHAです

んで、金欠におちいってるわけです。

なんか今日、語尾に「です」が多いなあ

エフェクターが欲しいと思っています

アコギでは、ほとんどBUMPですね。

supernovaは簡単でいいですよ

これから上達していく予定なので........多分ね 笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sheep ~song of teenage love soldier~

今の僕ですよ 笑

歌詞通りの状態かもしれないなあ

決断ってのが苦手なんだな、オレは

ホントにバカな男だ、バカ野郎ーーー

そして今日喋った、あいつにも、バカ野郎ーーーーーーー

最近ねえ、「ホントに」が口癖になってしまった 笑

HEY HEY HEYは楽しみだ、ハネウマじゃないよな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朱いオレンジ

さっき、撮ってきたんだけどね

まあ、暇だったからなんだけど

全然、どの写真もしっくりこなくて

そんでこの写真が一番よかった

なんかこれが朱いオレンジっていうのかなあ

って思ったりしながらもう一度、自分と向き合ってみたCimg0983_1                                                  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ラビュー・ラビュー

この曲、僕かなり好きです

なんかホントささいなことで構成されていて

例えばビルの合間に黄昏を探して見たり

そんなところから大人の恋愛観だったり

最終的に僕が思ったことは

ラビュー・ラビューのラビューが二つあるのは

彼女からの愛と彼女を思う自分の愛を

表してると思ったんですよ

過去に同じようなの書いたかも  笑

それほどオレは好きなんです 笑

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Winding Road

ついにあと13日でリリースですね

今回はカップリングもすごい注目されてますね

なんと晴一さんが歌うとは

Winding Roadは昭仁さんが作詞・作曲ということで

しかもクロマチック・ハーモニカを吹くのも見ものです

アルバムも楽しみですね、インディーズ時代の曲を

できればリメイクして欲しいですね

明日はMステだーーー聞けるぞーーー

ギターが今回かなり少ないような気が...........................

なんか晴一がギターを持ってボーっとしてるシーンが

たくさんありそうです

僕はサビよりもAメロが好きです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ステンドグラス

僕らの空はね
いつも変わらない
まるで秋の海のように

悲しみはオレンジ色
夕日と共に悲しみも沈む

たくさんの星達が
夜空のステンドグラスを彩ってくれる
朝じゃあ、気づかないやって思った

僕らの未来はね
常に変わり続ける
まるで月のように

あの月明かりは黄色
何もない暗闇の中を照らす

この月明かりは

僕のステンドグラスを彩ってくれる
もう夜明けに、また明日ねって思った

僕らの心には一人一人が持ってる
心のステンドグラスを割らないように
僕らはこれからも生きていく

たくさんの星達が
夜空のステンドグラスを彩る
もう朝、また今日が始まるよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

the Fourth Avenue Cafe

今日カラオケに行って来ましたよ

全然声が出なくてやばかったですよ。

とりあえずラルクを歌いました

the Fourth Avenue Cafeって歌いやすいですよね

あとHYDEのSEASON'S CALLとか歌いました

やっぱりラルクはムズイです

レミオとかレンジは簡単すぎます

よし、瞳の住人を練習しなければ......................

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肉、ニク、niku

なんか明日、3-Bで打ち上げがあるんですよ。

そんで合唱練習してから焼き肉なんだけどね

肉が今のオレには全然食えんのよ

なんか食欲なくてこれもずいぶん前からでねえ

胃が小さくなってんだろうね

でも食いたいんよ、でもすぐ腹いっぱいなの

でも気持ちは、まだ食べたいって言ってるんだよね

あそこの店のアイス食い滅ぼしてやる~~~~~~笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Warmth in Winter

この降り続く雪の中
静かな雪路に響く二人の声

二人で歩いたあの道
この二人だけのひとときが
本当にうれしくて

またこの道を歩いた
見上げた空 感じた風
あの頃と同じような気がして
僕はそばにキミを感じるよ

少し不安定な僕の心
彼女の顔を少し覗く

キミはいつもの笑顔
何気ないこのしぐさ
僕にとっては大切で

キミの手は冷く感じた
零れる涙 さび付いた空気

何かが変わった気がして
二人の心が止まった

お互いの大切さが分かれば
二人の思いはまた戻るはず
そしてあの頃のように

またこの道を歩いた
二人だけの時間 この一瞬
本当にかけがえのない宝物

これからもキミを愛し続ける

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »